斜視(しゃし)とは、正面を見たとき、片方の黒目が正面とは別の方向を見ている状態を言います。約2%人がこの状態だといわれています。正面に対して内側を向いている状態を内斜視、外側を向いている状態を外斜視といいますが、斜視になっているほうの視力が発達せず、場合によっては手術をする必要があります。芸能人ではテリー伊藤さんや、やしきたかじんさんが有名でしょうか。このサイトでは、手術や治療法等、出来る限りの情報をお伝えいたします。

スポンサードリンク

斜視(外斜視・内斜視)の治療 手術の実際

2017/04/16 今日のお勧めリンク

オゾンの効果 オゾン発生器とオゾン水

サイト管理者

E-mail : kanri#ossrv.com

@を#と表示しています

手術について

スポンサードリンク

症状の70%は内斜視で、子供に多く見られる症状です。内斜視にも2つにわかれ、焦点を合わせる事に大きくかかわっているのが「調節性」、恒常的になっているものを「非調節性」で、治療法も異なっています。手術は、生まれてすぐに症状が分かった場合は、出来る限り早急に手術を行ったほうが良いでしょう。通常は3歳になるまでには手術を行います。なぜならば、黒目の位置の異常という外見の問題にとどまらず、右と左の目で見たものを脳において1つに統合するという機能の発達を妨げてしまうことになる可能性があるからです。手術は、目に繋がっている筋肉の力を強める・弱める等調整したり、筋肉が付着する場所を調整する事によって行います。子供であれば、多くの場合全身麻酔により行います。入院することになると思いますが、手術事態は30分程度で終わります。機能・視力回復の為、数回に渡って手術を繰り返すこともあります。

手術以外の治療

手術の他に、矯正器具を利用して治療を行う場合もあります。どのような治療をおこなうかは、種類、年齢、症状の程度によりことなります。治療の方法は、コンタクトレンズや眼鏡等により目の位置のずれや、両目でモノを見る機能の回復を行ったり、ボツリヌス菌という毒を注射することにより異常となっている筋肉を麻痺させるという方法を使ったりします。どのような治療が適切なのか、医師とよく相談して、もっとも適している方法で早期に行うことが大切です。