ペットロスを乗り越えて

ペットロスを乗り越えて

ペットロスとは、ただ単に「ペットを失う」というだけの、単純に考えられるものではありません。ペットは人間と同様に位置づけている方が多く、死によって、その深い悲しみ・喪失感からなかなか立ち直ることが出来ず、精神的・肉体的にさまざまな症状が現れてしまうことを「ペットロス」とよんでいます。飼っていれば、いずれ必ず訪れる事であり、乗り越えなければならない事なのです。その為のさまざまな事例・情報をお伝えいたします。

スポンサードリンク

2017/04/20 今日のお勧めリンク

FX投資成功への道

サイト管理者

E-mail : kanri#ossrv.com

@を#と表示しています

ペットロスの症状

スポンサードリンク

ペットロスにより発生してしまう症状としては、「もう少し注意していれば、あのような事故にあわなかったのに」や「もっと早く異変に気づいて病院にいくことが出来ればこんなことにならなかったのに」というように、ペットの死を自分の責任だと思い自責の念をいだいてしまったり、また、人間と同様に家族の一員として一緒に生活してきたため、強い孤独感・喪失感・不安感にとらわれてしまといった精神的な苦痛を伴うことがあります。また、過食、逆に食欲不振といった症状があらわれるケースもあります。

乗り越える為に

この症状を乗り越えることは、なかなか容易ではありません。最愛の人を亡くしたことと同じといっても良い位ですから。また、ペットを飼っていない人には、子の気持ちが全く分かってもらえないという点も、なかなか立ち直ることができない要因でもあります。早くこの問題を解消させるためには、やはり気持ちを理解してくれる人が必要です。そこで、ペットロスの救済を目的としている団体を利用することをオススメします。ホームページもたくさん立ち上がっていますので、検索してみて、様々な団体を除いてみてください。一人でいるよりも早期解決が期待できます。

予防

愛情深くパートナーとして・心の拠り所としてペットを飼う事は、大変良いのですが、動物の寿命は人間より短く、犬も10年程度が寿命です。ほとんどの場合、飼い主よりも先に亡くなってしまうということを、普段からしっかり認識しなければなりません。依存しすぎ、また、いつまでも一緒にいられるというような考え方であれば、失ったときのショックは大きくなってしまいます。いつか来る別れを考えて接することがペットロスの予防につながります。