桃の節句のひな祭り

桃の節句のひな祭り

桃の節句といえば雛人形ですね。女の子、そして初節句を迎えるご両親にとっては特別な日になります。このサイトでは桃の節句の由来や料理、お祝い他様々な情報をお届けします

スポンサードリンク

2017/07/24 今日のお勧めリンク

適職診断を無料で!

サイト管理者

E-mail : kanri#ossrv.com

@を#と表示しています

起源

スポンサードリンク

桃の節句は平安時代から始まったものであり、もともとは中国から伝わった思想といわれています。魔よけの力があるといわれていた桃にちなんでいるのです。中国では川で禊を行うことにより汚れをおとし、そのあとで宴会をおこなうという習慣があったのです。流石に人間が川に入るというのは日本では広まりませんでしたが、人形を川に流す流し雛という形で始まり、今の桃の節句になったそうです。

初節句

女の子が生まれて、初めて迎え3月3日を初節句と言いますが、初の桃の節句は、もともとは高貴な生まれである女の子の健康を祈り、厄除けを行い、赤ちゃんのすこやかな成長を祈る行事なのです。お雛様は、赤ちゃんに降りかかる災いを身代わりとなって引き受けてくれるのです。是非、この日はお祝いしてください

雛人形

このように、もともとは厄除けの身代わり人形という位置づけだったひな人形ですが、時代が移ると、だんだんと発展していきます。現在では7段15人飾りが一応定番となっています。住宅事情などから、人気があるのは5人飾り(男雛・女雛+3人官女)に人気が集まっています。そのほかにも、ガラスケースに入った小さなものまで、実に様々な雛人形が販売されています。さて、桃の節句が終わったら、雛人形は3月の中旬までには片付けてください。そうしないと、お嫁にいけないといわれています。これは、「片付けが出来ない女性は良いお嫁さんになれない」という事を教えるためのもので、何か曰くがあるというわけではありません。でも、やはりいつまでも雛人形が飾ってあるのはみっともないですから、桃の節句が終わったら早めに片付けたほうが良いですね。

お料理

さて、桃の節句のお祝いは、是非手作りの料理でお祝いしてあげたいものです。定番となっているのは、ばら寿司や桜餅ですね。あとは白酒に雛あられも用意したいところです。菱餅もありますね。菱餅は上から赤、白、緑となっていますが、赤は桃、白は雪、緑は草を表しています。子供にも話してあげて下さい。