耳鳴りの原因と対策

耳鳴りが気になったり、慢性的に悩んだりする人の数は増加傾向にあります。ご高齢の方だけではなく、若い方に増えていいます。耳は脳に近いので、集中力は落ちますし、ストレスを伴い、それがさらに耳鳴りの原因になるといった悪循環に陥るケースが多いのです。さまざまな病気の症状である耳鳴りについて、詳しく解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

2017/04/20 今日のお勧めリンク

不動産鑑定士 合格から開業まで

サイト管理者

E-mail : kanri#ossrv.com

@を#と表示しています

耳鳴りの原因

スポンサードリンク

近年の医学の進歩には目を見張るものがあるのでしょうが、残念ながら耳鳴りのメカニズムについてはまだはっきりと解明されていません。しかし、耳鳴りが発生している方の多くは、同時に難聴をわずらっています。またメニエル病、突発性難聴、慢性の中耳炎等の難病、耳の病気に耳鳴りは伴いますし、脳梗塞や脳梗塞、ストレスや高血圧についても耳鳴りを伴うケースがあります。逆に言うと、耳鳴りが起こっているということは、何らかの疾患を患っている可能性が高いということなのです。

治療について

治療する方法は、まずその原因がある場合は、その原因となっている疾病をゆい治すと言うことになります。しかし、突発性難聴やメニエル病など、原因・治療法が分からないケースもあります。その場合は、症状を軽くする治療を行います。この治療にはいくつかの方法があります。@マスカー療法・・・マスカーという器具で雑音を聞くことによって、一時的に耳鳴りを抑えます。A薬物による治療う・・・代謝促進剤、ビタミン剤、局所麻酔、抗うつ剤や副腎皮質ホルモン(ステロイド)などの投薬BTRT両方・・・リラックスできる音を聞くことによる治療C心理療法・・・バイオフィードバック法、TRT法等、心地よい音を聞くことによって治療を行う方法etc・・・ 現在では様々な方法による治療法が確立されています。

注意点

耳鳴りが起こったときに注意する点は、耳をいじったりしないという事です。すぐに専門の医師の診断をうけ、聴神経腫瘍や脳腫瘍等、命に危険があるような病気でないかどうかを確認して下さい。とくに、深刻になる必要のない耳鳴りであることがわかれば良いのです。原因がはっきりしない場合は、様々な可能性を疑ってみてください。脳に直結すると言う事を踏まえ、ほったらかしにしないことが大切なのです。