メタボリック症候群 基準と対策

メタボリック症候群 基準と対策

メタボリック症候群(シンドローム)人口は、40才から74才の男性においては、なんと2人に1人、女性でも5人に1人となっています。2008年には特定健診制度がはじまり、中高年は健康診断を義務付けられます。この健康診断でメタボリック症候群・予備軍と判定された場合、特定保険指導が義務付けられることになりました。メタボリック症候群(シンドローム)の原因やその判定基準、そして対策方法をしっかりと理解し、指導を受けることがないようにしましょう!

スポンサードリンク

2017/07/18 今日のお勧めリンク

花見スポットならココ!

サイト管理者

E-mail : kanri#ossrv.com

@を#と表示しています

メタボリックシンドロームと危険性

スポンサードリンク

メタボリック症候群(シンドローム)は最近では「メタボ」と呼ばれ、生活習慣病として広く認知されていますメタボリック症候群(シンドローム)とは、内臓脂肪型肥満・高脂血症・高血糖・高血圧のなかで2つ以上の症状が併発している状態を言います。1998年に世界保健機構(WHO)がメタボリック症候群という名前と判断の基準を発表したことによって、一般的に使われるようになりました。なぜ、メタボリック症候群が問題になるのでしょう?それは、この判断基準となっている内臓脂肪型肥満・高脂血症・高血糖・高血圧が、動脈硬化を発祥させる危険因子となるからなのです。この中でひとつの症状をもっている場合、動脈硬化を発祥する確立は、通常の5.1倍になり、ふたつであれば9.7倍、4つともなれば、なんと31.3倍にもなるのです。メタボリック症候群の怖さがよく分かりますね。

メタボリック症候群の予防と改善の為に

メタボリック症候群を予防または改善するために必要なことは、運動です。運動する週間をつけることが最も重要となります。また、喫煙者であれば禁煙も重要な要素となります。もちろん、食事にも気をつける必要があります。内臓脂肪というものは、運動した場合、まず最初に燃焼する脂肪ですので、運動による脂肪脂肪燃焼させ、食生活の改善により、脂肪をなるべく増やさないようにしなければなりません。なかなか運動を続ける事は強い意志がいりますよね。あまり無理をせず、ウォーキングなど、手軽なものから初めてみてはいかがでしょうか。