近視手術 レーシックを体験

スポンサードリンク

近視手術 レーシックを体験

近視を矯正する方法としてレーシックという手術の方法があります。これは、レーザーによって角膜の形を変えるもので、近視だけではなく乱視や遠視にも使用される手法です。2000年に厚生労働省の許可をうけてから、レーシックによる近視手術の件数はどんどんふえています。有名人では俳優の松方弘樹さん、大リーガーの松坂投手が有名です。眼鏡やコンタクトレンズが不要となる近視手術のレーシックに関する情報をお知らせいたします。

2017/04/27 今日のお勧めリンク

気になる商品1

サイト管理者

E-mail : kanri#ossrv.com

@を#と表示しています

レーシックってどんな手術?

スポンサードリンク

近視手術というと痛み・怖さ・高額といイメージがあるかもしれませんが、レーシックについては、全くあてはまりません。レーシックは麻酔の痛みさえ無いのです。なぜならば、麻酔は目薬の点眼によって行われるからです。麻酔を行うので痛みはありません。手術費用も20万円程度と大変安くなっています。半永久的に視力が戻りますから、今後眼鏡やコンタクトレンズを買う必要がありません。それを考えると、逆にこちらの方が安上がりかもしれませんね。さて、実際のレーシックは20分程度で終わります。レーシック術後も特に痛みはないのですが、異物感があったりまぶしく感じたりする人はいるようです。その後、少しずつ、ぼんやりと見え、数時間経過するころには近視だったことを忘れるように、眼鏡・コンタクトなしではっきりと見えるようになるのです。

近視回復の度合い

近視手術を行うことによってどの程度視力が回復するかというと、だいたい1.5程度までとなります。もちろん個人差はありますが、98%の人が1.5以上に回復していますし、残りの2%の方も1.0以上にはなっています。眼鏡の必要は全くないですね。

レーシックまでの手順

まずは病院探しです。ネットでも多くの医院が広告を出していますので、それらを参考に何件か話しを聞いてみるのが良いでしょう。手術の前に、まずレーシックを受ける事ができるかどうかのテストを実施します。ドライアイや弱視の方は施術を受ける事ができません。検査が終わればカウンセリングに入ります。検査とカウンセリングは無料で行ってくれる医院も多数あります。安全な手術ですが、やはり技術力によって回復の度合いは変わるのです。信頼できる医師を捜すため、いくつかの医院で相談することをおすすめいたします。