カレイ釣り情報 仕掛け・釣り方も解説

カレイ釣り情報 仕掛け・釣り方も解説

カレイ釣りはファンの多い獲物の一つで、日本中で釣る事ができますし易しい魚と言えます。カレイは種類も多く煮ても焼いてもおいしいですよね。初心者にとってもとっつきやすいので、カレイは入門魚としては大変適していると言えます。このカレイ釣りに必要な仕掛けや餌等の方法を紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

2017/07/21 今日のお勧めリンク

薄毛の原因と対策

サイト管理者

E-mail : kanri#ossrv.com

@を#と表示しています

場所と仕掛け

スポンサードリンク

カレイ釣は砂浜や岸壁で釣ることができます。砂浜でできるということも魅力の一つで、お子様と一緒でも危険が少なく安心です。仕掛けは天秤が一般的になりますが、これについては釣具店で完成したものが売っていますので、初心者は利用すると良いでしょう。カレイは一般的ですので、道具一式が大変安く販売されていますので、その意味でもカレイは初心者に適しているといえます。道具は竿・仕掛けの他に、砂浜で行うのでしたら三脚があった方がおいでしょう。時間帯としては、他の魚と一緒で、早朝が最も適しています。だからといって、カレイは日中に絶対にあがらないということはなく、これも初心者にありがたい理由の一つです

方法とエサ

カレイのエサについては、時間帯や季節によって様々ですので、一概に「これが良い」とはいえないのです。釣具店で、かならず今一般的なエサと、そうではないものの2種類を用意し、釣果に応じて変えるようにして下さい。カレイ釣りの方法は、砂浜であれば遠くえ投げる遠投による方法ですが、岸壁であればチョイ投げでもOKです。チョイ投げならば、特に竿を選びませんが、遠投の場合は長い竿が必要です。道糸は5号程度でよいでしょう。カレイ釣りを成功させるコツは、投げっぱなしにせずに、少し誘いをかけることです。まずは出来るだけ遠くへ飛ばす事を考えて思いっきり投げます。その後は、少しづつ糸を巻いていくわけです。そして、巻ききったら再度投げる、これを繰り返します。注意てんとしては、このような誘いの方法は根がかりすることが多いので、必ずかわりの仕掛けを複数もっていくようにして下さい。そうしないと、せっかくの1日が台無しです。