高年 転職情報 履歴書・面接に勝つ為に

高年 転職情報 履歴書・面接に勝つ為に

転職の中でも中高年は難しいと言わざるを得ません。内定を勝ち取る為の活動や履歴書・面接方法について、中高年の転職に関する様々な情報をお伝えしていきます

スポンサードリンク

2017/04/28 今日のお勧めリンク

ロシアンセージあれこれ

サイト管理者

E-mail : kanri#ossrv.com

@を#と表示しています

中高年の採用事情

スポンサードリンク

中高年が転職を考える理由としてあげられるのは、自己都合・リストラ・倒産・ヘッドハンティングといったものが考えられます。ヘッドハンティングの場合は問題ないのですが、その他のケースにおいては、中高年の転職は非常に厳しい現実があるということを念頭に置かなければなりません。多くの中高年の方は、転職により今よりも良い収入を考えると思いますが、中高年の転職では、それは難しいと考えたほうが良いでしょう。今まで培ってきた経験やスキルをしっかりと伝え、若者には出来ない中高年ならではの仕事ができると言うことを、転職を希望する会社に対して示さなければなりません。中高年の転職において求められるものは、@実務能力・管理能力A即戦力となる力B経験というものがあります。このような能力がなければ、若年の転職希望者に負けてしまいます。自分で出来ることを今一度整理して、活動に臨む必要があります。

具体的な転職活動

中高年に限りませんが、転職活動はまず希望する会社の情報を集めることです。ハローワークだけでなく、インターネット、就職情報誌等、さまざまなメディアがあります。ただ、これらに掲載されている内容はほんの一部ですので、実際とはイメージが全く違うということもおこります。様々な人脈を作ることにより実際の会社の雰囲気や労働条件等を収集することができるようにすることも良い方法です。日ごろから、様々な人とのお付き合いが、中高年の方がいざ転職しようとするときには非常に重要です。

履歴書と面接

中高年が転職を行おうとする場合、履歴書・職務経歴書等については気を使う必要があります。中高年の採用を考える企業は、当然に年齢相応の経験やスキルを求めており、若者と違って即戦力として使えるかどうかを考えています。「面接で今までの経験を全て話す」と思っている中高年の方は、考えを改めなければなりません。なぜなら、履歴書のなかで、そのスキルが伝わらなければ、面接にさえ呼んでもらえないからです。転職を希望する企業の担当者が書面をみて、「この人の話を聞いてみたい」と思ってくれないといけないのです。無事、履歴書での書類審査を突破すれば面接となります。転職ができるか否かはこれで全てが決まるわけです。行きあたらばったりではなく、必ず事前準備を行ってください。最も重要なことは、履歴書の内容です。履歴書に書かれた事を中心に質問される可能性が高いわけですから、具体的に話が出来るように、また、書かれていることと異なる事を話さないように、準備が必要になるのです。尚、以前の会社の不満や秘密事項を話したりすることのないように注意が必要です。