医療費控除 確定申告の方法

確定申告の医療費控除については、何を算入してよいのか判断に迷ったり、いったい程度もどってくるのか分からないというケースが多いのではにでしょうか。特に、予防接種や出産の費用、交通費やインプラントなど、高額なものは特に迷うところです。税務署もこの時期は忙しいようで電話もなかなか繋がらないですよね。申請しないと、所得税だけでなく住民税にも影響します。医療費控除に関する情報をお伝えします。

スポンサードリンク

2017/07/13 今日のお勧めリンク

母の日

サイト管理者

E-mail : kanri#ossrv.com

@を#と表示しています

医療費控除とは

スポンサードリンク

確定申告で、税金を戻すための還付申告は大変関心の高いもののひとつですが、その代表とも言えるのが医療費控除でしょう。前年に支払った医療費を100000円以上支払ったとき、確定申告をすれば一定の金額が所得から控除されるというものです。税額が控除させるわけではありません。尚、本人だけでなく家族の医療費も通算することができます。この申告は2月16日から3月15日までに税務署におこなわなければなりません。サラリーマンの場合、通常申告を行うということはありませんが、医療費控除の申告は自分自身で行う必要があります。郵送でも良いでも申告することができます。

計算の方法について

計算は大変簡単です。式は、[前年に支払った医療費の合計]‐[生命保険・損害保険・医療保険で補填された医療費]‐100000円となり、最高額は200万円となっています。尚、インプラントの料金も算入されますし、や出産費、交通費・タクシー代なども一定のものは出来ます。タクシー料金は緊急で使用したり、交通機関が無いために利用したというような場合については控除の対象となりますが、順番を待つのが面倒だったというような理由で利用した場合は算入されません。合理的な理由が必要ということです。出産については、入院中に身の回り物・日用品の購入費は算入されません。確定申告時には、領収書のほかに源泉徴収票が必要となりますので、準備しておいて下さい。