ホーネットの魅力 250/600/900

ホーネットの魅力 250/600/900

ホーネット(ホンダ)は250cc、600cc、900ccの3排気量がありますが、どれも魅力にあふれています。カスタム・改造・中古他、ホーネットの最新情報をお伝えしていきます!

スポンサードリンク

2017/07/28 今日のお勧めリンク

ローン キャッシング クレジットカード攻略!審査・比較&簡単申込

サイト管理者

E-mail : kanri#ossrv.com

@を#と表示しています

ホーネット

スポンサードリンク

ホーネットはホンダ製のオートバイで、250cc、600cc、900ccの3種類の排気量があります。通常は250ccを指すことが多いですね。ホーネットは1996年に発売、水冷4スト4気筒エンジンを搭載、もともとCBRに使用されていたエンジンを改良したものです。大きな特徴としてはカウル付近まで上がっているマフラーと幅180のワイドなタイヤを装着しているところでしょうか。ちなみに、ホーネットとは「スズメバチ」という意味です

ホーネットの魅力

水冷4ストDOHC4気筒のエンジンはレーサーレプリカに搭載されており、乗りこなす為には経験がいります。これを操る事がおもしろいと定評があります。カラーは黒赤と黒黄色ツートンがありますが、攻撃的で侵略的なイメージをかもしだしています。2007年には生産が終了となっていて、継続車種については現在のところ発表されていません。1997年にはホーネット600を発表。CBR600Fのエンジンをそんまま使用したもので、概観は250と同じです。現在国内での生産はしていませんが、海外では継続して生産しています。2005年に、ヨーロッパに向けてデザインを変更、2007年にもデザインおよび性能も変更し、フレームにアルミを使用、ABS装備もオプションとなりました。2001年にはCB900Hornetを発売。900だけはツインマフラーとなっています。カウルをハーフカウルにした、ホーネットSも生産・発売されています。