EVOLTA乾電池

EVOLTA(エボルタ)乾電池

EVOLTA(エボルタ)は2008年1月15日に松下電器産業が発表したハイパワー・長寿の乾電池です。従来のオキシライド乾電池の5年から10年に使用推奨期限を延ばしました。種類も単1から単4まで揃っています。

スポンサードリンク

2017/07/25 今日のお勧めリンク

突発性難聴 治療と症状

サイト管理者

E-mail : kanri#ossrv.com

@を#と表示しています

EVOLTAの寿命

スポンサードリンク

EVOLTA(エボルタ)の実際の寿命について具体的な数字をあげてみます。単三電池2本使用のデジタルカメラの撮影枚数は、従来のアルカリ電池が170枚、オキシライドが250枚のところ、EVOLTA乾電池は260枚という結果です。また、使用期限も従来の5年から10年に延びています。また、環境に配慮した「グリーンIT」の製品になります。さて、気になるEVOLTA(エボルタ)の価格ですが、オキシライドに比べて約10%高くなる程度です。オープン価格なのではっきとした金額はいえませんが、目安として、単一乾電池の2本パックの価格が570円程度、単二の2本パックは420円程度、単三の4本パックが590円程度、そして単四の4本パックも590円程度になるとのことです。

開発

乾電池に対するニーズはどんどん多様化しており、様々な使用目的があります。その中でも、もっとも高いニーズは、やはり「持続性」です。長い寿命を実現するために、新しい材料の採用や充填度合い、反応率の向上等様々な工夫をおこないました。オキシライド乾電池の開発でつちかったオリジナルの技術をさらに発展させ、電池の材料だけでなく、構造や工法等、あらゆる分野に新しいテクノロジーを導入することによって実現することができたといえるでしょう。このEVOLTA(エボルタ)はギネスブックにも登録されました。国際基準に従った放電試験を行った結果であり、EVOLTA(エボルタ)が電池寿命の世界一と認定されたわけです。高橋智降さんによってイメージキャラクターとなるオリジナルロボットも開発されました。EVOLTA乾電池で動くロボットです。