犬の皮膚病 原因と対策

犬の皮膚病 原因と対策

犬の皮膚病というと、あまり聞きなれないと思うかもしれませんが、大変多い病気なのです。この病気についても人間と同様に、痒がり、掻きむしることによって悪化するという悪循環に陥ることもあります。犬は言葉が話せませんから症状を訴えることができません。掻き毟っているところを見てやっと飼い主も気がつくという事が多いようです。なかなか直りにくい病気ですので、飼い主がしっかりとした知識を学んでおくことが大切です。

スポンサードリンク

2017/07/18 今日のお勧めリンク

妊娠しやすい時期を知ろう

サイト管理者

E-mail : kanri#ossrv.com

@を#と表示しています

原因と症状

スポンサードリンク

この病気にかかってしまう理由としては、いくつかの原因があります。細菌性皮膚病、ダニ等の寄生性皮膚病、アレルギー性皮膚病、カビが原因となっている皮膚病、内分泌の以上、腫瘍等です。犬がこの病気にかかると、そのかゆみがストレスとなり、すぐに吼えるようなったり、噛み付くというような行動をとります。特に室内のみで飼っている犬の場合、普段からストレスを受けているので、皮膚病にかかった場合、より強いイライラが発生し、強い症状が出ることが多いようです

治療と対策

いずれにしても、早急に獣医に診察してもらい、皮膚病の原因を取り除いてあげる必要があります。そのほかに出来ることとしては、乾燥を防ぐ為にオイルを塗ってあげるという方法があります。週2,3回で良いでしょう。また、こまめに散歩に行のも良い行動です。また、かゆみの原因がアレルギー性のものであれば、食事に注意してあげる必要があります。食事によって痒みが悪化することがあるからです。獣医と充分相談した上で実施してください。