デザイナーズ住宅に住もう!

デザイナーズ住宅に住もう!

スポンサードリンク

デザイナーズ住宅は、なんといっても「周りの人と異なった家に住むことができる」という一種の優越感のようなものを味わうことがでいます。自分の希望を満たすだけでなく、デザイン性の高い、オリジナリティの高い住宅を建築することができるのです。きっと、帰宅することが楽しみになり、自宅で過ぎていく時間が短く、楽しく思えることでしょう。デザイナーズ住宅を建築する為に必要な知識、また、注意点や問題点をお伝えしていきます!

2017/04/26 今日のお勧めリンク

一括申込みウェッブキャッシングドットコム

サイト管理者

E-mail : kanri#ossrv.com

@を#と表示しています

デザイナーズ住宅とは

スポンサードリンク

設計をデザイナーと言われる建築家が行った住宅をいいます。奇抜な概観や、機能性をあまり考えずに見た目を重要視した内装といったものを思い浮かべる方もおいでかもしませんが、そうではないのです。依頼主の希望を実現させるために、何回も打ち合わせを行いながら、理想の住宅を作り上げる、それがデザイナーズ住宅なのです。

デザイナーを選ぶ際の注意点

建築にあたって、まず必要なことは、当然のことですが、建築家を選ぶということになります。通常、建築家は一級建築士の資格を持っていることがほとんどです。しかし、一級建築士の資格を持っているからといって、住宅建築が得意とは限りません。マンション建築が専門という可能性もあるわけです。ですから、建築家を選ぶ際は、まずインターネット等で情報を集めておいたほうが良いでしょう。大抵は、手がけた建築物や経歴、得意な分野を公開しています。デザイナーは誰しも自分のデザインに自身を持っていますので、極まれにですが、依頼主の希望を聞かず、自分の主張を押し通そうとする人もいるようです。この点は、デザイナー選びのときに注意する必要があります。

問題点

問題点は、やはり建築費がかなり高くなってしまうということでしょう。通常の建売と異なり、細部にわたってこだわっているわけですから、部品にしても何にしても高くなるのはやむを得ないでしょう。また、このこだわりは、万一の時の修理代やリフォームする際の費用も通常よりも高くなりますので、その点は最初に覚悟しておかなければなりません。